ドクタヘリの運用ではどのような課題があるのか - ヘリコプタークルーズの料金

ドクタヘリの運用ではどのような課題があるのか

ドクタヘリは、2001年に岡山県の病院で運用がはじまって以来、各地で導入する医療機関があらわれ、2016年12月の時点では全国39道府県で計49機が運用されています。

ドクタヘリの情報を利用しない手はないです。

ドクタヘリの登場によって、救急医療は新たな時代に入ったといえますが、このヘリを常時運用していき、救急医療に寄与させるためには、まだ乗り越えなければならない課題は多いです。

ドクタヘリの運用が始まった頃は、運用にかかるコストの削減が大きな課題でした。



ドクタヘリを配備する拠点を維持していくためには、1箇所あたり年間で2億円あまりの費用が必要となっており、財政事情が良くない自治体にとっては導入を躊躇する要因となっていました。


そこで国は、経費の半分を国が補助することを決め、後に最大で9割まで負担できるように制度を変更しました。

自治体は、条件を満たせば2千万円程度の負担でドクターヘリを運航できるようになり、費用面の問題がクリアできた自治体から順次運用が始まりました。
ドクタヘリの運用を開始し、維持していくためにはコスト以外にも、必要な医療スタッフの確保や、乗組員の教育システムの整備、ヘリポートをはじめとする着陸可能な場所の確保、夜間でも運航可能な体制の整備など、たくさんの課題をクリアしなければなりません。



このため、本来であればドクターヘリを導入するメリットが大きい地域であっても、課題の多さから導入になかなか踏み切れない状況が続いています。